うなぎを買うならここがおすすめ!!

一色産極上うなぎ
希少なアオテうなぎのみを使用している一色産極上うなぎ。味も品質も文句なしの最高級。贅沢に楽しみたい方におすすめ!
静岡県浜名湖産「うなぎ蒲焼きセット」
浜名湖の温暖な気候と地下からくみ上げられた天然水は、うなぎにとって理想的な環境!!恵まれた土地で育ったうなぎは、 サクッと香ばしい、ふんわりと柔らかい
【一乃松】うなぎ白焼1本
料亭一乃松が厳選した肉厚で 脂ののりも抜群なうなぎ。焼き方にもこだわっているから 外はこんがり中はふんわり 舌鼓を打つこと間違いなし。

うなぎはなんでうなぎなの?語源・由来とは

うなぎってなぜうなぎっていうんだろうか?ふとそんな疑問にかられたので、
語源・由来を調べてみました。

うなぎは、今から1300年ほど昔の奈良時代に『むなぎ』と呼ばれていたそうです。
漢字で書くと、『武奈伎』や『牟奈伎』と書くようですが、これは万葉集に出てきます。

この呼び方は、平安時代まで呼ばれていたようで、その後これが転じて『うなぎ』になったといわれています。
奈良時代からおよそ300年ほど後に登場した色葉字類抄(いろはじるいしょう)という古辞書には
しっかりと『うなぎ』と書かれているようです。

うなぎ

なぜムナギと読んだのか?

さて、なぜ『ムナギ』と読んでいたのかというと諸説あるようです。
『ム』というのは、『身』のことで、『ナギ』というのは『長』のこと

  • ム = 身
  • ナギ = 長

と呼ばれていた。という説と、

  • 天然のうなぎは、胸元が黄色いことから『胸黄』と呼ばれていた。
  • 家屋の『棟木(むなぎ)』のように丸くて細長いから『ムナギ』と呼ばれるようになった。
  • 料理の際に胸から開くため『ムネヒラキ』が転じて『ムナキ』となった。

などなど説は多々ありますが、どれも確定することができません。

また、鵜が飲みこむのに難儀するから『うなんぎ』が転じて『うなぎ』になったという説もありますが、
もともとうなぎは『ムナギ』と呼ばれていたので、この説は考えにくいです。

料理法で胸から開くというのも、平安時代にはすでに切腹というものがあったので、
腹からではなく、背から開く方法もとられていたかもしれません。地方によっても異なりそうなので、
『むねひらき』が転じたというのも、ちょっと考えにくい気がします。

というように、本当のことは、昔の人しかしらないということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめうなぎ通販

一色産極上うなぎ

【一色産極上うなぎ】

一色産のうなぎは、『アオテ』と呼ばれる極上の鰻のみを使用しています。
20匹に1匹の確立で出会えるというとても希少な
うなぎです。
一口食べると、非常に柔らかくて幸せいっぱいにさせてくれる、
そんな極上のアオテうなぎが通販で購入できます。
ちょっと贅沢したい方にピッタリだと思います。

一色産極上うなぎ


静岡県浜名湖産「うなぎ蒲焼きセット」

静岡県浜名湖産「うなぎ蒲焼きセット」

「静岡県浜松市」「浜名湖」といえばうなぎです。
浜名湖の温暖な気候と地下からくみ上げられた
天然水は、うなぎにとって理想的な環境!!
そんな恵まれた土地で育ったうなぎは、
サクッと香ばしい、ふんわりと柔らかいんです。
送料無料なのもうれしいですね!

静岡県浜名湖産「うなぎ蒲焼きセット」


【一乃松】うなぎ白焼1本

【一乃松】うなぎ白焼1本

料亭一乃松が厳選した肉厚で
脂ののりも抜群なうなぎ。焼き方にもこだわっているから
外はこんがりなのに中はふんわりふっくらとしており
舌鼓を打つこと間違いなし。
なかなかお目にかかれない白焼きにして
お届けしてくれます。

【一乃松】うなぎ白焼1本


コメントを残す




− 2 = 一

CAPTCHA