うなぎを買うならここがおすすめ!!

一色産極上うなぎ
希少なアオテうなぎのみを使用している一色産極上うなぎ。味も品質も文句なしの最高級。贅沢に楽しみたい方におすすめ!
静岡県浜名湖産「うなぎ蒲焼きセット」
浜名湖の温暖な気候と地下からくみ上げられた天然水は、うなぎにとって理想的な環境!!恵まれた土地で育ったうなぎは、 サクッと香ばしい、ふんわりと柔らかい
【一乃松】うなぎ白焼1本
料亭一乃松が厳選した肉厚で 脂ののりも抜群なうなぎ。焼き方にもこだわっているから 外はこんがり中はふんわり 舌鼓を打つこと間違いなし。

土用の丑の日の語源・由来とは

土用の丑の日にうなぎを食べるという文化は、私たちが生まれたころには
すでに根付いており、暑い夏を乗り切るために栄養のあるうなぎを食べるという風習というは、
ご存知だと思います。

始まりは江戸時代?

土用の丑の日にうなぎを食べることが始まったのは、江戸時代になります。

江戸時代

蘭学者の『平賀源内』が、考えたという説が有力で、
知人の運営するうなぎ屋が夏にうなぎが売れず、
商売がうまくいかないということで、源内のところに相談に行くと、
『本日丑の日』と店先に貼るように勧められ、貼ったところ飛ぶように鰻が売れたのが
始まりと言われています。

当時、丑の日に『う』の字がつく食べ物を食べると夏負けしないという風習があったため、
繁盛したとされています。
うなぎには、ビタミンなどの栄養が豊富に含まれているため、
夏バテ防止になるので相乗効果もあったでしょうね。

他の説として、とある大名から大量のうなぎの注文が入り、
『子の日』『丑の日』『寅の日』の3日間かけて
蒲焼きを作ったが、なぜか『丑の日』の蒲焼きのみが腐らなかったという説もあるようです。

そもそも土用ってなに??

土用とは、1年に4回あります。立春(2月4日頃)、立夏(5月5日頃)、立秋(8月7日頃)、立冬(11月7日頃)の前18日間のことを表します。

土用の由来は、陰陽五行から来ており
全ての事象は『木・火・土・金・水』の5つに分類して世界を表しています。
春=木 夏=火 秋=金 冬=水 とされているのですが、この中に『土』の文字はありません。
『土』というのは、季節の変わり目のことをさしており、季節の変わり目の日の全18日間を『土用』というようになりました。

夏は、バテやすいため
体調を崩さないように栄養のあるものを食べる。丑の日に『う』の字が付く食べ物を食べると
夏バテしなくなるという風習より『土用の丑の日』が誕生したのですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめうなぎ通販

一色産極上うなぎ

【一色産極上うなぎ】

一色産のうなぎは、『アオテ』と呼ばれる極上の鰻のみを使用しています。
20匹に1匹の確立で出会えるというとても希少な
うなぎです。
一口食べると、非常に柔らかくて幸せいっぱいにさせてくれる、
そんな極上のアオテうなぎが通販で購入できます。
ちょっと贅沢したい方にピッタリだと思います。

一色産極上うなぎ


静岡県浜名湖産「うなぎ蒲焼きセット」

静岡県浜名湖産「うなぎ蒲焼きセット」

「静岡県浜松市」「浜名湖」といえばうなぎです。
浜名湖の温暖な気候と地下からくみ上げられた
天然水は、うなぎにとって理想的な環境!!
そんな恵まれた土地で育ったうなぎは、
サクッと香ばしい、ふんわりと柔らかいんです。
送料無料なのもうれしいですね!

静岡県浜名湖産「うなぎ蒲焼きセット」


【一乃松】うなぎ白焼1本

【一乃松】うなぎ白焼1本

料亭一乃松が厳選した肉厚で
脂ののりも抜群なうなぎ。焼き方にもこだわっているから
外はこんがりなのに中はふんわりふっくらとしており
舌鼓を打つこと間違いなし。
なかなかお目にかかれない白焼きにして
お届けしてくれます。

【一乃松】うなぎ白焼1本


コメントを残す




− 2 = 六

CAPTCHA