夏バテに良いと言われるうなぎですが、
実際に夏バテになってからでは、こってりとしたものは食べたくありませんよね。

うなぎは栄養価が高く、夏バテ解消にもなるのはわかっていても。。
という方は、『うなとろ丼』をおすすめします。

うなとろ丼 「あっさりとした『うなとろ丼』を自宅で食べてみよう!」の続きを読む…

うな丼をそのままうな丼として最後まで食べるのもいいですが、
折角のうなぎですから、半分ほど食べたら味を変えて楽しんでみましょう。

ひつまぶしのお茶漬けのような感じにして楽しみます。

うな茶漬けの作り方

作り方は簡単うな丼が半分くらいになったら、その中にダシを入れます。
だしは、だしパックなどでとっただしで十分です。 「うな丼を美味しいうな茶漬けにしてみよう!」の続きを読む…

うなぎ料理で、くりから焼きという串ものがあります。
これは、さばいたときにでてきたうなぎの切れ端部分を串に巻いて
焼いたものなのですが、タレ焼きと塩焼きがあります。

うなぎが苦手な方でも、くりから焼きを食べれば、うなぎが好きになるといわれるくらい
美味しく、お店でもくりから焼きばかり注文していたら、怒られるお店もあるんだとか。

というように、かなり美味しいので一度ご賞味ください。 「うなぎのくりから焼きは最高です。」の続きを読む…

福岡県のうなぎの食べ方として『せいろ蒸し』というものがあります。
これは、鰻のタレをまぶしたご飯の上に蒲焼きを乗せて
セイロに入れて蒸し上げたもので、うなぎの香ばしさを残しつつ
蒸すことでふっくらとしあがり、さらにご飯によくタレがしみ込んだ
上品な味わいの逸品です。 「福岡のうなぎのせいろ蒸し!一度ご賞味あれ」の続きを読む…