大阪ではうなぎのことをまむしと呼びますが、これはうなぎ自体をマムシと
呼んでいるわけではなく、鰻丼のことをさしています。

この呼び名には諸説あり、
うなぎを蒸らすために、ご飯とご飯の間にうなぎの蒲焼きを
はさんだという『飯蒸し(ままむし)』が転じて『まむし』となったという説や、
ご飯の上にうなぎやタレなどをまぶして食べることから『まぶし』が転じて
『まむし』になったという説。 「大阪ではうなぎをなぜ『まむし』というのか?」の続きを読む…