うなぎを調理できる一人前の料理人になるまでには、
かなりの年数修行しなければなりません。

『串打ち三年裂き八年焼き一生』
という言葉がありますが、これは『桃栗3年柿8年』をもじったもので、
それだけ大変だという意味があります。 「串打ち三年裂き八年焼き一生!!それだけうなぎの調理は難しい!」の続きを読む…